趣味は散歩です。

趣味は散歩です。徹底した現地確認主義。現地に行って、散歩して、見て聞いて感じたことなど。

台北旅行に行くための準備(予約、移動、通信、お金、地図、とか)。GoogleMap、Googleカレンダー、Googleレンズが便利。

夏休みを利用して、

久しぶりに海外旅行(台湾/台北)に行くことにした。

 

パスポートも更新したり色々準備したので、

以下にまとめる。

 

 

ホテルと航空券の予約

エクスペディア、トリバゴ、トラベルコとかで

お得にやろうと思っていたが、

そもそもが複雑で同条件で比較しづらく、

情報も散財してて鬱陶しくなって、結局HIS。

web申し込みでフリーのツアーにしました。 

www.expedia.co.jp

 

https://www.trivago.jp/

※トリバゴは一時期CMやってた記憶あるが大丈夫なのかしら?

 

www.tour.ne.jp

 

www.his-j.com 

HISのweb上で一定の条件を決めて比較して意思決定しました。

他社と横断して比較する時間と労力は投下しない判断。

 

そう言う意味では高齢者向けのJTBみたいな、

対面の手厚いサポートはまだ需要が根強いのかも。

 

 

現地での移動について

今回は全日程自由行動のツアーにしたので、

移動は必然的に自力となる。

 

以下があるのであまり心配しなかったし、

実際困ることはなかった。

 

タクシー

初乗りが安い。

 6-23時は70NT$

 1NT$=3.5円くらい:2019/8

MRT

(呼称としては、北捷、台北MRT(Mass Rapid Transit))

 5kmまで16NT$、安い。

 

www.travel.taipei

 

徒歩圏内に観光地が密集していること。

●バスもEasyCardで簡単に利用できること。

 

現地での通信について

スマートフォンを頻繁に利用するので、

Wi-fi、SIMの利用は必須。

 

色々調べて松山空港で中華電信のプリペイドシムを利用しました。

4Gネット接続無制限で便利。

prepaidsim.twgate.net

 

自分の端末をSIMフリーにしておけば簡単です。

空港の中華電信のカウンターで差し替えて確認までしてくれます。

※現金払いのみと言う情報もありましたが、カード決済できました(松山空港)

 

 

現地での支払いについて

現地でガイドに両替所を連れまわされたり、

空港で変なレートと手数料で換金するのも嫌だったので、

今回はキャッシングで対応してみました。

結果便利だった。

 

キャッシング

www.eposcard.co.jp

ただ、空港のATMによっては現金の在庫がなくて焦った。

複数台ある場所で試すとより安心だと思う。

 

EasyCard

台湾のsuicaみたいなやつです。

事前にメルカリとかで入手しておいて、

現地コンビニ等でチャージすればすぐ使えます。

コンビニとか一部タクシーでも使えたので便利。

 

MRTは現金の場合よりも2割やすくなります。

もうMRT乗る場合はこれ以外無理ですね。

 

スケジュール管理と移動について

今回は完全自由行動だったので、

ガイドブックとかwebで行きたい場所を適当に

GoogleMapに登録しておいて、それをGoogleカレンダーと連動させてました。

予定の組み替えも、付近の場所の検索も当然Google。

 

あ、語学力的にはギリギリ英語が日常会話なので、

Google翻訳もよく使いました。

 

レストランのメニューとかはGoogleレンズで確認もしてました。

もうGoogleがないと生きていけません。

 

lens.google.com