趣味は散歩です。

趣味は散歩です。徹底した現地確認主義。現地に行って、散歩して、見て聞いて感じたことなど。

箸の長さの目安は一咫半(ひとあたはん)。丸ビルの韓国料理「水刺間」とお箸の専門店「銀座夏野」に行ってみた。(千代田区丸の内)

丸の内を散策。

少し汗ばむ季節になってきましたね。

 

お昼近くになって、お腹が空いた。

ツレがチゲを食べたいというので、韓国料理屋へ。

 

「水刺間」

スラッカンって読むらしい。読めないな。

 

歩いたあとは、お冷やが美味しい。

お冷 

ツレは予定通りチゲ鍋。

今日は日替わりで牡蠣のチゲ鍋だそうです。

グツグツで熱そう。出汁が美味しいそうです。

チゲ鍋

 

自分はダッカルビ。

程よく辛い。ご飯に合いますね。

 

 

日曜日だけど、正午には7割近く席が埋まってました。

美味しかった。

韓国料理「水刺間」

 

 

 

その後、丸ビル内をウィンドウショッピング。

箸屋さん。

 

「銀座夏野」

 

お箸の専門店なので、店内は箸だらけでした。

お箸の専門店「銀座夏野」

 

入り口にはなんとも言えない雰囲気の猫が

箸を持ってます。

簡単に言うと不気味系ですかね。

 

これ置いとくと入店率上がったりするのか?!

お箸の専門店「銀座夏野」入口の猫

 

お箸の長さの目安がわかりやすかった。

一咫半(ひとあたはん)

 

一咫とは人差し指と親指を直角に広げた時の長さ。

これの1.5倍の長さが目安とのこと。

箸の長さの目安は一咫半

 

フレミング左手の法則っぽいですね。

ja.wikipedia.org

 

 

箸置きもありました。

猫の箸置きが色々あって可愛らしい。

猫の箸置き

 

 

ちなみにお箸は色々持ってみて、

竹田勝彦さんの黒檀のお箸に決めました。

 

店員さんはお箸に詳しく、説明も的確で有り難かったです。

やや高額だったので、大事に長く使おう。

竹田勝彦さんの黒檀のお箸

 

 

 

商業ビルは散策してて楽しいですね。

今日もよく歩いた。