趣味は散歩です。

趣味は散歩です。徹底した現地確認主義。現地に行って、散歩して、見て聞いて感じたことなど。

ビクセンの単眼鏡を持って西洋美術館のハプスブルク展に行ってみた。(台東区上野公園)

本当は美術検定の合否を待って、
ご褒美的意味合いで、単眼鏡の実戦投入をしようと思っていたが、
マークシート方式のくせに結果出るまで長くて待てなかった。。 

 

 

結果的に早く使えてよかった。

前に1〜2列あっても間近でみてるように詳細が見えるし、

絵画の緻密な部分も鑑賞することが容易になる。

 

今回は西洋美術館で開催中の

ハプスブルク展。

戦争するより政略結婚なイメージのあの一家です。

 

平日ということもあり、混雑はそこまででもない。

ハプスブルク展入口

 

ディエゴ・ベラスケスの「ラス・メニーナス」で有名な

マルガリータ王女が何枚か出てきます。

 

あとはマリア・テレジアとその娘の

マリー・アントワネットとかがメジャーでしょうか。

 

ヴィジェ=ルブランの描くアントワネットは

先日、テレビでみたので、印象に残ってました。

 

ミュージアムショップにもデフォルメされたイラストで

Tシャツが販売されてました。

ミュージアムショップのTシャツ

 

印象的だったのは、

槍試合用の甲冑、金線細工の小籠、クリスタルのカトラリーあたりでしょうか。

有名じゃないものもあるので、音声ガイドは借りておくと便利でした。

 

せっかくなので、復習しようと思います。

世界史の授業以外できちんと学んでいないので。

 

 

美術館の入り口あたりには地獄の門とか考える人があります。

ロダンですね。 

考える人、ロダン

 

この看板の少女がマルガリータ王女。

スペイン王フェリペ4世の娘、

神聖ローマ皇帝レオポルト1世の最初の皇后。

早くに亡くなってますね、切ない。。

マルガリータ王女、ハプスブルク展の看板

 

今日もよく歩いた。

 

 

www.sanpo.blog

 

 

www.sanpo.blog