趣味は散歩です。

趣味は散歩です。徹底した現地確認主義。現地に行って、散歩して、見て聞いて感じたことなど。

平泉成の存在感がすごい。「天気の子」を観にTOHOシネマズ日本橋まで行ってみた。(日本橋室町)

新海誠監督の新作「天気の子」を観に、

TOHOシネマズ日本橋まで。

 

封切り当日の最終回で終了は23時。

にもかかわらず、ほぼ満席でした。

 

「秒速5センチメートル」も

秒速5センチメートル [Blu-ray]

秒速5センチメートル [Blu-ray]

 

 

「君の名は。」も

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

 

 

良かったので、必然的に期待は高まる。

  

 

「天気の子」

っていう題名からストーリがいまいち想像できないのも良かった。

 

NHKのインタービューで新海誠監督の話を事前に聞いていて、

前作「君の名は。」に対する賛否を踏まえて、

もっと批判されるように作る。

と言っていたのが印象的だった。

 

創作物なので、万人受けは限度があるだろう。

とはいえ受けないと売れないし、

バランスが難しい商売だ。

 

結果、なかなか良かった。

 

別監督だが、

「バケモノの子」と「未来のミライ」

ほどのギャップはなくて良かった。

(良い意味で) 

バケモノの子 (スタンダード・エディション) [Blu-ray]

バケモノの子 (スタンダード・エディション) [Blu-ray]

 
「未来のミライ」スタンダード・エディション [Blu-ray]

「未来のミライ」スタンダード・エディション [Blu-ray]

 

 

 相変わらず水と光の表現は比類ない。

 「言の葉の庭」を思い出す。

劇場アニメーション 『言の葉の庭』 (サウンドトラックCD付) [Blu-ray]

劇場アニメーション 『言の葉の庭』 (サウンドトラックCD付) [Blu-ray]

 

 

雨のバリエーションは映像、音響含めて感動。

 

所々、展開が前作と似ていた。

盛り上がるとヒロインの名前を連呼するところとか、

主人公が泣くところとか、

RADWINPSの曲が流れるところとか。

 

まぁ「君の名は。」が偉大で印象が植えられたということだろう。

 

後半の展開は相対的に飛躍がすごくてビックリ。

物理的に冷める部分あり。

あえて物議を醸し出す意志があるかのよう。

 

最大の驚きは、

平泉成の声が耳に残ることだ。

 

声優は

森嶋帆高(醍醐虎汰朗)

天野陽菜(森七菜)

夏美(本田翼)

天野凪(吉柳咲良)

須賀圭介(小栗旬)

冨美(倍賞千恵子)

安井(平泉成)

 

なかなか豪華である。

とはいえアニメの声優は有名じゃない場合が良いと思っている。

 

今回で言えば、

平泉成さんの印象が強すぎて、ストーリーを邪魔された。

 

ハマり役ではあったが。。

 

 

次回作にも期待したい。似た展開だとそろそろ飽きるかも。